できる人の特徴から学ぶ仕事術

とてもシリアスで多忙を極める看護系の仕事は、時として複数の仕事を平行して進めなければなりません。また、心身共に過酷な場面もあり、仕事を続けるためにはいろいろなポイントが重要になります。これらのポイントはいわばコツのようなものなので、仕事ができる人から学ぶことができます。職場の中で最も仕事ができる人の特徴を観察し、自分のスキルアップや日々の仕事に反映してみてください。基本的に仕事できる人は、業務の優先順位をしっかりと的確に決められる人が多いです。複数ある仕事の中でも何が今必要で、早急なアクションを求められているのかを判断する能力は、結果的に仕事の出来不出来に表れてきます。そして、自分のキャパシティもしっかり把握している人が多いのも特徴です。自分が最大どれくらいの業務をこなせるかを早めに判断し、時にはその仕事を分担することで問題を回避することができます。この判断がうまくできない人は、結果的にオーバーワークになって、時間内に出来なくなってから気づくので、結果的に他のスタッフや組織に負担をかけてしまいまう事になります。重要なのは問題が起きる前に判断し、対処することです。これは仕事量から逃げているわけではなく、病院やチームが上手く回るように予防することと同じです。決して無理をして自分だけが頑張っても、結果的に問題が起きてしまえば、仕事としては失敗です。仕事で成功している人は、自分のキャパシティを把握していて、メモを上手く取り正確に着々と仕事をこなしているのです。このように、仕事で成功している人をよく観察して、その能力や業務の段取りなどを吸収することが大切でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です