仕事ができる人の特徴は時間の使い方に現れる

どんな仕事でもミスは良くないですが、看護師の仕事は特に失敗が許されない仕事です。なぜなら患者のケアや投薬を仕事とする看護師の場合、ミスをした事で患者の命や後遺症にかかわる恐れがあります。少しのミスと思っても患者が急変してしまったら、訴訟や賠償等病院全体が大きな損害を負ってしまうのです。そのため仕事があまりにも出来ない人は、職場内で浮いた存在になりがちです。そうならないためには、ミスの無い様に徹底的に確認する事が大切です。例えば投薬であれば準備時、持ち運び時、患者に投薬前と、3回確認する癖を付けるだけでだいぶ失敗は防げるでしょう。また、医師から普段と違う指示が出た場合や医師や患者に伝言すべき事がある時は、忘れない様にすぐメモを取るのも大切です。そしてもう一つとても大切なのが、出来る事は前倒しでしておく事です。看護師の仕事は通常の業務以外に医師からの指示や患者からの要望など、急に仕事が増える事が多々あります。そんな時に慌てないために仕事の段取りを前もって終わらせておくのです。実際仕事できる人には皆共通して、空いた時間を上手に使っていると言う特徴があります。バタバタと慌てている素振りも無いのに仕事が早いのは、明日するべき事を今日の空いた時間に行い、午後出来る事を午前中と言う様に前もって出来る事をこなしているからです。そうして一度に仕事が重ならなければ気持ちの余裕も出来るので、小さなケアレスミスもしづらくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です