周囲の事が見えている人といない人

看護系の仕事において仕事のできる人の特徴といえば、幅広く気配りができるという点が挙げられるでしょう。人と接する機会の多い仕事だからこそ、周りに目を配り細やかな気遣いができる人が重宝される職場といえます。例えば、自分が担当している業務以外も把握している、他の人のスケジュールまで覚えて行動している、という人は、仕事のできる人間に分類されるかもしれません。自分のことだけではなく、業務全体が上手く回るように行動できる人は、尊敬されることも多く、憧れの対象にもなるでしょう。また、失敗を恐れず積極性がある人も、仕事できる人という認識を持ってもらいやすいと言えます。面倒くさがって新しい仕事には手を出さなかったり、不安が強く挑戦することを嫌がってしまう人は、伸びしろを自分自身で潰してしまう恐れがあるので注意が必要です。自分が役に立てそうな業務があれば手伝えるか声をかけてみる、何でも挑戦してみるといった姿勢を見せていくことで、成長意識が強く仕事のできる頼もしい人という立ち位置に近づくことが出来るかもしれません。それに加えて、ミスがあった時には素直に謝罪するということも重要になります。仕事のできる人は、自分の業務に責任を持っているという特徴があります。もしもミスが発覚した時には素直に謝罪をおこない、同じことを繰り返さないという姿勢が重要です。これらのポイントを念頭に入れ、行動していくことで仕事のできる人に一歩近づくことができるかもしれません。