介護から医療への転職をして成功した例

介護系から医療系への転職は看護師にとってハードルが高いものと言われていますが、転職市場が開けているため不可能な道ではありません。介護現場で身に付けた能力や経験を活かして、医療現場で活躍したいと考えて転職を決意する人が多いものの、医療現場で新たに要求されるスキルが多くてなかなか活躍できるレベルにまで育てずに苦労するのが通常です。しかし、中には転職した途端に周囲から目を見張られるほどに仕事できる人もいます。このような人には医療から介護、そして介護から医療へという転職を繰り返してきた人もいますが、始めて医療系の仕事に就いたにも関わらず、仕事ができる人としての立ち位置を作るのに成功している人も少なくありません。また、介護系から転職して活躍している看護師の特徴として挙げられるのが、介護職でしか学ぶことが難しい個別性の高い看護を効果的に現場で応用している点です。個別医療の必要性は医療に携わる人であれば誰でも知っている状況がありますが、概念として理解しているだけで実践を伴わないことが多いのが現実と言えるでしょう。そのため、特に個別医療が必要とされるがん治療や精神系疾患の治療を行う現場で介護経験のある看護師が活躍しているのです。介護では当然のように行われている個別化された看護を自然に行うだけで、仕事ができる人という理解を得ることができています。経験を活かして他の看護師にはできない形で個別医療に寄与しているのが特徴です。